〜物欲エンジニアがデジタルガジェットのレビューを中心とした記事をお届けします〜

1-QLICK

ニュース

年末恒例 ガキの使い 笑ってはいけないシリーズを振り返ってみた

投稿日:

初詣 @千葉神社(Chiba Shrine)
初詣 @千葉神社(Chiba Shrine) / DORONKO

今年も大晦日に、ガキの使いの笑ってはいけないシリーズが放送されます。

今回は絶対に笑ってはいけない空港(エアポート)24時!
回を重ねるごとに、どんどん規模が大きくなっていきますね。

ということで、過去に放送された笑ってはいけないシリーズを
簡単に取りまとめて見ました。

一部、記憶があいまいな部分もありますが
各シリーズで印象に残ったシーンをあげてみます。

過去の笑ってはいけないシリーズ

ダウンタウン¥ 2,339(30% OFF)

Amazonで詳細を見る by AmaGrea

記念すべき笑ってはいけないシリーズの第一弾。

ボウリング対決で負けてしまったダウンタウン松本、山崎、
ココリコ遠藤&田中の4人が、罰ゲームとして
絶対笑ってはいけない一泊二日の温泉旅行に。

笑ってしまったら、お尻に吹き矢が刺さるという
過酷きわまりない罰ゲーム。

このシリーズの初回ということもあり、
罰ゲームも試行錯誤の段階だったのだと思います。

見所は、旅館の随所に貼られた管ちゃんポスター。
プロデューサーとは思えない役者ぶりに毎回笑わせてくれます。

外人ボブのパンツを探すシーンも必見。

ふかわりょうと外人のやりとりも見逃せません。

このころは芸能人の露出も少なく、
素人メインのネタで勝負していた印象です。
 
 
 
 

ダウンタウン¥ 4,785

(30% OFF)

Amazonで詳細を見る by AmaGrea

笑ってはいけないシリーズの中で、僕が一番好きな回です。

湯河原温泉が町ぐるみの協力で作り上げた傑作です。

改札をくぐるといきなり駅前のビルに「ようこそ湯河原」と
巨大な管ちゃんの看板がお出迎え。

休む暇もなく、遠藤のダイナマイト四国ネタが畳みかけてきます。

タクシーに乗り込み旅館に向かうものの、お寺に寄り道したりで
なかなか目的地に着くことができません。

道中でヒッチハイクをするおばちゃん2号には大爆笑しました。

やっとの思いで旅館に着いたが、中居さんが「唇オバケ」でお出迎え。

中村のC-3POネタに浜ちゃんがツボにはまるなど、見所が数知れません。

ふかわと外人、板尾の登場、今夜がヤマダさんなど、
定番ネタはこの段階で固まってきましたね。

前回とは違い、浜ちゃんが罰ゲームを受ける側となりましたが、
ダウンタウンそれぞれの笑いのツボみたいなものがあり、
新鮮な気持ちで楽しめました。
 
 
 
 

ダウンタウン¥ 3,730(30% OFF)

Amazonで詳細を見る by AmaGrea

松ちゃんが再び罰ゲームを受ける側となった今作。

外人の渡辺くん、なんでんかんでんの河原社長など、
素人ながらも強烈なキャラが続々と登場。

今作から、村上ショージ、ほっしゃん、レイザーラモンHGやジミーちゃん
など芸能人の露出も目立ってきました。

でも、見所はなんといっても「板尾の嫁」です。

マドンナのマテリアルガール、ライク・ア・バージンのリズムにのせて
踊り狂う姿は全シリーズを通して1、2を争う爆笑シーンです。
 
 
 
 

ダウンタウン¥ 4,780(30% OFF)

Amazonで詳細を見る by AmaGrea

ん〜正直、あまり印象に残っていない回でした。

この後のシリーズでも定番となる、「引き出しネタ」が今作から
採用されたことぐらいかな〜。

深夜におこなわれた、西川峰子の検死官ネタは笑えるかな
(浜ちゃんばりのドSの人であればw)
 
 
 
 

ダウンタウン¥ 4,785

(30% OFF)

Amazonで詳細を見る by AmaGrea

このシリーズ以降、罰ゲームうんぬんではなく
全員参加の方式になりました。

松ちゃんの兄貴が登場するなど、芸が細かくなってきました。

蝶野のビンタネタが登場したのもこの回からでしたね。
山ちゃんとのやりとりは毎回笑ってしまいます。

放送時間も長くなった関係で、芸能人が大量に出始めたのも
この回からだと記憶しています。
 
 
 
 

山崎邦正¥ 4,788

(30% OFF)

Amazonで詳細を見る by AmaGrea

年越しでやりはじめたのはこの回からだったかな?

バス乗車〜建物に到着〜あいさつまわり〜引き出しネタなど
現在の笑ってはいけないシリーズの流れが出来ました。

梅宮クラウディアのカンペガン見とかは面白かったな〜。

繰り返しになるけど、蝶野のビンタネタはやっぱり笑ってします。
水戸黄門ばりのお約束になりつつあります。
 
 
 
 

ダウンタウン¥ 3,430

(29% OFF)

Amazonで詳細を見る by AmaGrea

ダウンタウン¥ 3,419

(29% OFF)

Amazonで詳細を見る by AmaGrea

こちらも基本的には前回の新聞社と同じ流れでした。
 
 
 
 

ダウンタウン¥ 7,038

(27% OFF)

Amazonで詳細を見る by AmaGrea

これも前回とほぼ同じかな〜。

ポイントポイントでは笑ってましたが、全体をとおして
何が印象に残ったかというとすぐには出てこない。。。
 
 
 
 

まとめ

 今回も年越し6時間という長編、期待が高まります。

 コメントの量を見ても分かると思いますが、
 僕は初期のシリーズが好きです。

 芸能人に頼りすぎない、純粋に笑いで勝負していたところが
 すごい好きだった。

 ただ、年越しを行う関係上、放送時間も長くなり
 ある程度はしょうがないかなと思います。

 毎年、クオリティの高い笑いを提供してくれる
 メンバーのみなさんに感謝!

 今年も存分に笑い、2012年を笑顔で迎えたいと思います\(^O^)/
 
 
 

Googleアドセンス

Googleアドセンス

-ニュース
-

Copyright© 1-QLICK , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.