〜物欲エンジニアがデジタルガジェットのレビューを中心とした記事をお届けします〜

1-QLICK

Amazon Apple レビュー

持ち運びに便利なArc Touch MouseをMacbook Airで使ってみた

更新日:

DSC00177

Macbook Airで使う外付けマウスをが欲しくなりネットを徘徊。

USB有線の安いマウスを買おうと思っていたのですが、
マイクロソフトから発売されているArc Touch Mouseに一目惚れ。

予算を大幅にオーバー、悔しかったので感想を書いてみました。

職業柄、キーボードやマウスなどの入力機器には
わりとこだわりがあるほう。

Windowsのキーボードは東プレ、マウスはLogicoolを使っており、
マイクロソフト製品は眼中になかったのですがデザインに一目惚れ。

あえなく購入のはこびとなりました。

持ち運びに便利なデザイン

 パッケージはこんな感じ。

 エビせんべいでも入ってるのかと間違えかねない
 うすっぺらさ( ゚д゚)。

 単4電池×2本で稼働する無線型マウスです。
 DSC00168
 
 
 
 横から見た図(電源OFF)。

 見てくださいよこの薄さ!
 DSC00178

 胴体の部分をペキっと折り曲げて使用します。

 モノグラムはともかく、”Microsoft”のロゴは
 いただけないなぁ。

 ジョブズがMicrosoftを品がないと酷評するのは
 こういったところなのかなと思いつつ。
 DSC00181

 平らな状態は電源OFF、折り曲げると緑色に点灯し
 電源ONとなったことを教えてくれます。
 DSC00179

 横から見た図(電源ON)。
 
 アーク上に反り返った形状はなかなかいいデザイン。

 本体前面のタッチ部はプラスチック、
 胴体はラバーコーティングされています。
 DSC00180

Macで利用してみて

 USBコネクタをMacbook Airに取り付けると
 問題なく認識しました。

 有線にくらべて無線はレスポンスが微妙に遅れる感じがあり、
 あまり好きではないのですがこの製品は及第点。

 真ん中の部分は電磁式のスクロールホイール(みたいなもの)です。

 ホイールと違いクリック感はありませんが、ホイールを回すように
 中央部分を指でなぞると、疑似クリック音とともにスクロールしてくれます。

 真っ平らなデザインを実現するためには、この機能はかかせない。
 開発者の人はかなりがんばったんだろうなと感動。

 DSC00176

 Mac用のドライバも提供されており、細かな設定も可能です。
 でも僕はいったん入れたドライバを削除しました。

 細かい部分は説明しきれないのですが、ドライバを入れない
 状態のほうがマウスのレスポンスがよいと感じたためです。

 ドライバはアンインストーラから簡単に削除できるので
 好みにあうほうを試してみるのがいいかと思います。

持ち運びにうれしいこまかい気配り

 持ち運びを前提に考えられたマウスだけに
 こまかい気配りがうれしい。

 マウスの裏面が磁石になっており、USBコネクタを
 ぴたっとくっつけることができます。
 DSC00184 JPG
 
 ほら、くっついた!!。

 ちなみに、USBコネクタ自体、かなり小さいので
 ノートPCにくっつけて持ち運んでも問題はないかと思います。
 DSC00185

総評

 ロゴをのぞけばApple製品と見まがうほどのデザインは
 Mac製品といっしょに使用しても違和感がない。

 Macbookのトラックパッドとは別に、マウスを使いたい
 というかたには自信を持ってオススメできる製品です。

マイクロソフト¥ 4,563

Amazonで詳細を見る by AmaGrea

マイクロソフト¥ 4,279

Amazonで詳細を見る by AmaGrea

Googleアドセンス

Googleアドセンス

-Amazon, Apple, レビュー

Copyright© 1-QLICK , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.