〜物欲エンジニアがデジタルガジェットのレビューを中心とした記事をお届けします〜

1-QLICK

PMP

プロジェクトの成功要因をふりかえってみました

更新日:

PMP Certification New Format 2011
PMP Certification New Format 2011 / Amir Abbas Kaka Khel

先週の日曜日、担当プロジェクトの本番リリースを行いました。

プロジェクトを開始したのがちょうど1年前。

大きな問題もなく無事にリリースすることができ
ほっとしました。

僕は顧客と開発ベンダーの間に位置する立場であり、
直接開発を行うのでは無く、プロジェクトを管理する
ことが主な仕事です。

今回、プロジェクトを非常にうまく進めることが
できた要因を自分なりに振り返ってみました。

振り返ると、2つの要因がプロジェクト成功の鍵でした。

話を聴く

 開発ベンダー、自社のプロジェクトメンバーなどの
 意見を聴くことに注力しました。

 意見を聴くことで、私は”あなたの存在を認めてます”と
 いうことを理解してもらいたかったからです。

 「結論を先に言わない」、「事実と意見が混在している」など
 話を遮りたくなる衝動を抑え耳をかたむけました。

 相手の話を聴くことで、プロジェクト内の風通しもよくなり
 活発な意見交換が発生する効果が出てきました。

 通常、悪いニュースは隠したがるものですが、早い段階で話をして
 もらうことで、余裕を持って対策を行うこともできました。
 

怒らない

 何があっても怒らないと決めてプロジェクトに望みました。

 もともと短気、かつ自己中心的な性格なため
 感情が表に出やすい状態でした。

 テスト不足や考慮漏れに起因するバグ/不具合報告も、
 開発ベンダーに対して自分中心の意見をぶつけていました。

 「自分だったらこうしていた」、「なぜもっと早く報告しないんだ」。

 俗に言う、”あるべき論”ですね。恥ずかしい。。。

 でも結局、”怒ったところで何も解決しない”んですよね。

 自分の感情をはき出して、スッキリしたいだけだったと気づきました。

 天から見上げるように、客観的に自分の姿を意識することで
 怒りたいという気持ちも少なくなりました。

結局、人はだれかに認められたい

 今回、僕がやったことは「マズローの欲求段階」
 言うところの”承認欲求”に該当するものだと思います。

 人は

  ”だれかに認めてもらいたい”、

  ”自分を価値のある存在だと思いたい”。

 そんな思いを満たしてあげることで、主体的な行動を促すことが
 出来たのではないかと考えます。

 話を聴いて怒らない

 文字にすると簡単ですが、徹底するのはかなり大変です。

 その分、効果は大。

 自己の成長にもつながる行動、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

Googleアドセンス

Googleアドセンス

-PMP

Copyright© 1-QLICK , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.