〜物欲エンジニアがデジタルガジェットのレビューを中心とした記事をお届けします〜

1-QLICK

Apple

WR3500Rの持ち歩き方法

更新日:

公称8時間という長時間の稼働を誇るとしたWM3500Rだが、それも使い方次第によるので

予備バッテリーは一緒に持ち歩きたいところです。

いいケースはないかな~と悩んでいたが、Apple Storeで持ち運びにぴったりな商品を発見しました。

元々はiPodやiPhone用であるPORTER x BEAMS iPod/iPhoneというこのポーチ、
WM3500Rに使用したところ、なんとピッタリのサイズ!!。

まさぶろぐ-__.JPG

メイン収納部にWM3500Rを、メッシュポケット部にエネループのモバイルブースターを収納。

これに別途購入したカラビナをくっつけ、鞄にぶら下げて持ち歩いてます。

収納した状態で充電することを考慮し、USBケーブル長は短いものを選択。

画像のケーブルは15cm長ものです。

収納した状態での充電はかなり熱がこもるため、この点は注意して運用していく必要があるかな~。

まさぶろぐ-__.JPG

Googleアドセンス

Googleアドセンス

-Apple

Copyright© 1-QLICK , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.