〜物欲エンジニアがデジタルガジェットのレビューを中心とした記事をお届けします〜

1-QLICK

ニュース

e-Taxでレーシック医療費控除の確定申告をやってみる(その2)

更新日:

P1010356 2

前回のエントリではICカードリーダーの
セットアップを行いました。

 ・e-Taxでレーシック医療費控除の確定申告をやってみる(その1)

今回は電子証明書を交付してもらうために
区役所に行くところから再開します。

e-Taxで確定申告を行うには、住民基本台帳カード(住基カード)に
電子証明書を格納する必要があります。

去年の引っ越し時に住基カードは作成済み。

したがって今回、必要なものは電子証明書のみです。

電子証明書の交付

 港区役所高輪支所
港区役所高輪支所 / S_e_i

 区役所の住基カード担当窓口で手続きを行います。

 僕が住んでいる区では、申請に必要なものは以下の2つ。
 

 ・顔写真つきの住基カード

 ・申請書(区役所で記入)

 顔写真がついていない住基カードは、運転免許証などの
 身分証明書が別途必要です。

 交付手数料の500円を払い、電子証明書の発行手続きに進みます。

電子証明書の発行

 P1000123.JPG
P1000123.JPG / casek
 

 区役所内にある、専用の部屋に移動します。

 住基カードをICカードリーダーにかざし、
 電子証明書の暗証番号をタッチパネルから
 登録します。

 僕は忘れっぽいので、住基カードの暗証番号と
 同じものにしました。

 暗証番号を入力した後にボタンを押すと処理が開始、
 以下のものが住基カード内に格納されます。
 

 ・鍵ペア(公開鍵、秘密鍵)

 ・電子証明書

 ボタンを押してから約1分ほどで登録が無事完了!。

ちゃんと認証できるか確認

 Windowsにインストールした公的認証クライアントソフトから
 ちゃんと認証できるかを確認します。

 ・公的個人認証サービスとは
 

  公的個人認証サービスとは、インターネットを通じて
  安全・確実な行政手続き等を行うために、他人による
  なりすまし申請や電子データが通信途中で改ざんされて
  いないことを確認するための機能を全国どこに住んで
  いる人に対しても安い費用で提供するものです。

  この公的個人認証サービスを利用することによって、
  ご自宅や職場などのパソコンから様々な行政手続き
  等を行うことができます。
 

 電子証明書が問題なく登録されていれば、
 住基カード内の自分の名前や住所を確認
 できるはずです。

 住基カードをICカードリーダーにセットし、
 クライアントソフトを起動します。
 Windows XP Professional 1

 パスワードの入力をうながされるので、
 区役所で登録した暗証番号を入力します。
 Windows XP Professional 2

 うん、ちゃんと表示されました( ゚д゚ )!

 住基カードに登録された個人情報を参照することが
 できました。
 Windows XP Professional 3

今回のまとめ

 前回は、ICカードリーダーのセットアップ。

 今回は、住基カードの認証までを確認しました。

 次はe-Taxで実際に申請手続きを行いたいと思います。

 レーシックを手術したときの領収書を実家に取りに行く
 必要があるため、次回の更新はちょっと間が空きそうです。

 ('A`)ヴァー

Googleアドセンス

Googleアドセンス

-ニュース

Copyright© 1-QLICK , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.