〜物欲エンジニアがデジタルガジェットのレビューを中心とした記事をお届けします〜

1-QLICK

Apple

iMacのEFIをアップデートしたらスリープが勝手に解除される件の対応

更新日:

6336218920 3351477a08 b

iMacでEFIをアップデートしたら、スリープが勝手に解除される
ようになりました。

その後、システム環境設定を変更することで復旧しました。

その手順を書きます。

スリープが解除される

 Macは電源管理が優れており、電源OFFではなく
 スリープ機能を日常的に利用していました。

 そのスリープが効かなくなった。

 寝るまえに設定したスリープが、朝おきると解除されている。

 会社に行く前に設定したスリープが、帰ってきたら解除されている。

 そんなことが頻発するようになりました。

 いろいろ調べたところ、2月7日のソフトウェアアップデートで
 更新された”EFI”が原因でした。

EFIってなに?

 EFIとは【Extensible Firmware Interface】 - 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典

 正直いってよくわかりませんが、BIOSに変わるファームウェア的な
 ものみたいです。

 2月7日にアップデートされたEFIのバージョンは1.8。

 修正内容は以下のとおりです。

  iMac EFI ファームウェア・アップデート 1.8

 修正内容の”インターネット接続を使用した Lion 復旧機能”
 
 パソコンの内部的なインターネット接続がトリガーとなり、
 スリープが解除されるようになったのではないかと仮説を
 たてました。

省エネルギー設定の変更でスリープがなおった

 システム環境設定から”省エネルギー”アイコンをクリックします。
 システム環境設定

 ”ネットワークアクセスによってスリープを解除”にチェックが
 入っていたら外します。
 省エネルギー

 上記のチェックをはずすことで、勝手にスリープが解除されることは
 なくなりました。

 Windowsでは、BIOSアップデートでOSの設定が変更されるケースは
 まずありません。

 Mac OSでは当たり前のことだったのかもしれませんが、
 Mac歴の浅い自分にとってはいい勉強になりました。

 ('A`)ヴァー

Googleアドセンス

Googleアドセンス

-Apple

Copyright© 1-QLICK , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.