〜物欲エンジニアがデジタルガジェットのレビューを中心とした記事をお届けします〜

1-QLICK

ニュース

e-Taxでレーシック医療費控除の確定申告をやってみる(その3)

投稿日:

スクリーンショット 2012 02 17 5 47 54

e-Taxでレーシックの医療費控除シリーズも今回が最終回です。

実際に申請手続をe-Taxで行いました。

前回のエントリ

 

e-Taxでレーシック医療費控除の確定申告をやってみる(その1)

 

e-Taxでレーシック医療費控除の確定申告をやってみる(その2)

 

準備するもの

 下記1〜3は前回までに準備。4〜6の記載内容をWEB上に入力します。

 1.パソコン(Mac or Windows)
 2.公的認証サービス対応のICカードリーダー
 3.住民基本台帳カード
 4.源泉徴収票
 5.レーシック手術をうけた時の領収書
 6.生命保険の給付金(※)

 ※加入している生命保険によっては、レーシック手術にたいする給付金が
 支給されます。僕が加入している保険からも給付金の支給(5万円)が
 あったので今回準備しました。

 レーシック手術の領収書
 Th DSC00276

 保険会社の給付金の証明書
 Th DSC00277

e-Taxの申請手続き

 こちらのWEBサイトを参考に手続きをしました。
 

2012年(平成24年)最新版e-Tax医療費控除はじめてガイド|インターネットのお得情報満載!ぷらら堂!

 参考というか、このとおりにやれば申請できてた!というぐらいに
 丁寧に解説されています。

 手順の中で、手元にある”源泉徴収票”、”手術の領収書”、”保険の給付金”に
 記載されている金額を埋める箇所があるので入力してください。
 
 上記3つの資料はWEBサイトでの入力時に必要な資料であり、コピーやPDFにして
 添付する必要もありません。

 e-Taxからの申請であれば原本の添付は省略できるようです。(これは便利)

還付される金額は

 医療費控除として還付される金額もe-Tax上で確認することができます。

 e-Taxで申請するのは今回は初めてなので、特別控除4000円が加算される
 ようです。

 僕の場合は約3万円前後のお金が医療費控除として還付されるようです。
 Kanpu 1

感想

 レーシックという医療費が高い手術を行ったことが、e-Tax申請の
 きっかけとなりました。

 ICカードリーダー購入や役所での電子証明書取得など、手続きが煩雑で
 戸惑うこともありましたがいい経験ができたと思います。

 自分は会社勤めということもあり、税金の支払いは全て会社に
 まかせてきました。

 今回の医療費控除もそうなんですが、サラリーマンでも自己申告により
 節税する方法があることを知りました。

 能動的に情報を取得&行動することが大事ですね。

 ('A`)ヴァー

参考にしたサイト

 ・Sony Japan | FeliCa | 個人のお客様 | ダウンロード
 ・利用者クライアントソフトのダウンロード : 公的個人認証サービス ポータルサイト
 ・レーシック 医療費控除ガイド
 ・2012年(平成24年)最新版e-Tax医療費控除はじめてガイド
 ・Edyをもっと快適に使うべく「Sony パソリ RC-S370」を買ってみた。
 ・確定申告をMacからe-taxでやってみた-セットアップ編
 ・確定申告(医療費控除)
 ・公的個人認証サービス(電子証明書)|品川区

Googleアドセンス

Googleアドセンス

-ニュース

Copyright© 1-QLICK , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.