*

アプリクリエイター道場(4回目)に参加しました

公開日: : 開発

P1010408

アプリクリエイター道場(守)の4回目に参加しました。

今回は「コードの書きかたを学ぶ」。

Objective-cで実際のプログラムを書く講義のため、
過去の受講生のかた×2人もお手伝いに来てくださいました。

前回のエントリ

 

アプリクリエイター道場(初回)に参加しました

 

アプリクリエイター道場(2回目)に参加しました

 

アプリクリエイター道場(3回目)に参加しました

コードの書きかたを学ぶ

 xcodeでプロジェクトを作成した時にデフォルトで作られる
 ファイル/クラス/メソッドについて説明。

 また、制御文(IF構文)の書きかたを学びました。

 AppDelegate内のメソッドについて

(void)applicationDidEnterBackground:(UIApplication *)application

  アプリケーションがバックグラウンドになったときに呼ばれる処理。

  GPSを使っているアプリはバッテリーを食うので、バックグラウンドに
  なったタイミングでGPSを止めるとか、そんな使いかた。

(void)applicationWillEnterForeground:(UIApplication *)application

  アプリケーションがフォアグラウンドになる前に呼ばれる処理。

  Twitterアプリで例えると、フォアグラウンドになったタイミングで
  通信&最新のつぶやきを取得する処理を記述する。

 ViewController内のメソッドについて

(void)didReceiveMemoryWarning

  メモリが足らないことをOSが警告する通知イベント。

  画像アプリなどで、「いらないメモリを解放する」等のコードをここに記述。

  高度な処理なので難しそう。

(void)viewDidLoad

  画面がロードされた後に呼ばれるメソッド

(BOOL)shouldAutorotateToInterfaceOrientation:(UIInterfaceOrientation)interfaceOrientation

  画面の回転を制御。

  iPhoneが縦位置の時だけ画面を回転させるなどの制御も可能。

部品の使いかたを学ぶ

 前回の講義に引き続き、3つの部品の使いかたを学びました。

 UIImageView

   Xcode

   画像を画面に表示するためのビュー。

   画像を表示するという特性から、基本的にはOutletとして使われる
   コントロール。(非Action)

   取りこみたい画像ファイルをあらかじめプロジェクトに追加し、
   追加した画像を読み込むコードを記述する。

(void)viewDidLoad
  {
   [super viewDidLoad];
  self.imageView.image = [UIImage imageNamed:@”512×512.png”];
  }

 UISwitch

   Xcode 1

   ON/OFFを設定するための部品。Action or Outletとして使用する。

 UISlider

   Xcode 2

   スライドバーの部品。

   スライダーの最小値/上限値、初期状態の位置をプロパティで
   設定することが可能。

   バーをスライドさせるたびに、Changeアクションが呼ばれるため、
   重い処理を記述しないこと。

その他

 ・ホームボタンのダブルクリックで画面下部に表示されるアプリ一覧は、
  起動しているアプリではなく、最近起動したアプリの一覧。

 ・バックグラウンドに隠れたアプリケーションは(一部の例外の除き)停止
  させなければいけない。

 ・(画像のアップロードなど)処理中のアプリケーションをバックグラウンドに
  移動させてから10分が経過すると、OSが処理を強制停止させる。

 ・ストーリーボードの方眼部分をダブルクリックすると、画面の拡大/縮小が
  できる。部品をビューにのせる時は拡大した状態でおこなう。

 ・よく使うプログラムコードは定型文としてxcodeに登録しておくと
  一発で呼び出せるので便利。

まとめ

 P1010400

 この講義も第4回となり、プログラムコードの書きかたなど
 より実践的な内容にシフトしてきました。

 iOSアプリでよく利用される部品の使いかたを学び、
 自分がイメージするアプリケーションの挙動も実現できそうな
 感触をつかむことができました。

 前回も感じたけどxcodeの充実したサポート機能にあらためて感動。

 画面の見た目や画面遷移を作るだけであれば、xcodeから部品を選択し
 ドラッグ&ドロップすることでソースコードを補完してくれる。

 開発者は細かい挙動をObjective-cで書くことに注力することができます。
 (実際にはそんなに簡単では無いでしょうが^^;)

 この講義、全5回のため来週が最終回。

 もう終わってしまうのかと思うと、ちょっと(かなり)寂しいです。

 自分1人で勉強していたらこんなにスムーズに理解できなかっただろうな。

 講義に参加しているみなさんと一緒に勉強することで、
 いい刺激を受けまくっています。

 来週もがんばるよ!!

Googleアドセンス

いつもブログを見ていただきありがとうございます。よろしければシェアお願いします(o^-^)↓↓↓

関連記事

MarsEditからWordPressプラグイン「Meta Manager」を使う方法

Mac用ブログエディタのMarsEditからWordPressのSEO対策プラグインMeta Man

記事を読む

WordPressでTwitterのつぶやきを引用して表示する方法

Wordpressでブログを運営しています。 Twitterのつぶやきをブログに引用し

記事を読む

MarsEdit3.6.2にアップデートしたら改行が無くなる不具合が解消した

僕の環境で発生していた「MarsEditで改行が無くなる不具合」ですが、最新バージョンの3.6.2に

記事を読む

HTMLリンクとタイトルを簡単にコピペするGoogle Chromeプラグイン

Hexagram to square hinged dissection / fdecomite

記事を読む

iPhoneで作りたいアプリの構想を練ってみる

自分が作りたいiPhoneアプリのアイデアの取りまとめ。 最初から凝ったものを作ろうと

記事を読む

世田谷ものづくり学校 アプリクリエイター道場(守)に申し込みをしました

1月末に開講されるアプリクリエイター道場(守)に申し込みをしました。 去年も開催されて

記事を読む

MarsEditのプレビュー画面で、文字の折り返しを実際の見た目と合わせる方法

ブログ記事を書くときのエディタとして、なくてはならない存在のMarsEdit。 高機能なブログ

記事を読む

リニューアル完了!WordPressのテーマ自作に挑戦その3

ブログのデザインをリニューアルしました。 サイドバーへのプロフィール追加など、まだまだ

記事を読む

アプリクリエイター道場(3回目)に参加しました

アプリクリエイター道場(守)も今回で3回目です。  ・アプリクリエイター道場(1回目)

記事を読む

WordPressのテーマ自作に挑戦その2

前回から約1週間たちますが、デザインブックにしたがって しこしこテーマを作成しちょります。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Googleアドセンス

LumsingのBluetoothスピーカーを使ってみた

Amazon等でデジタルガジェットを販売しているLumsingさんから

10400mAhの大容量モバイルバッテリーLumsing Power Bankが今なら2,490円!

Amazon等でデジタルガジェットを販売しているLumsingさんから

iPhone 5s純正レザーケース2ヶ月後の風合い

iPhone 5/5s用の純正レザーケースを購入後、早2ヶ月が経過。

支払い期日は12月5日(木)。東京マラソン2014の2次抽選に当選!

東京マラソン2014の2次抽選結果メールが到着 東京マラ

JayBird BlueBuds Xが故障したので交換した

今年の6月に購入したBluetoothヘッドフォンのJayBi

→もっと見る

  • PROFILE  デジガジェ大好きなengineer 
     物欲に生かされる日々。
     iPhone、iPad、iMac、MBA
     使いのApple信者。
     詳しい自己紹介はこちら

PAGE TOP ↑