〜物欲エンジニアがデジタルガジェットのレビューを中心とした記事をお届けします〜

1-QLICK

ニュース

五反田駅前のすきゃん堂で書籍を自炊してきました

更新日:

DSC00281

五反田にある書籍の自炊屋、「すきゃん堂」に行ってきました。

資格試験の勉強で、参考書をiPadに入れて肌身離さず持ち歩きたいと
思ったため。

近所に自炊できるスペースはないかと探していたところ、
こちらの店舗にたどりつきました。

すきゃん堂

場所

 JR五反田駅から徒歩1分の駅前。

 五反田駅東口から出て左に進むと、ケンタッキーのビルが
 あるのでそこの3階です。

 

店舗の場所

 

店内の様子

 雑居ビルの1室をそのまま自炊スペースにした感じ。

 簡易なパーティションで区切られた13台の机の上に、
 ScanSnap S1500とノートPCが設置されています。

 共用で利用できる断裁機が1台設置されているけど、キレイに仕上げる場合は
 お店にある大型の断裁機でやってもらったほうが確実です。
 (料金もタダだしね)

 お店の人に見られたくない本を自炊する場合は、
 自分で断裁しましょう。ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

 使いかたをまとめた簡単なマニュアルを店員さんからもらい、
 指示された自炊スペースに着席。

スキャンのやり方

 すきゃん堂は「本を電子化するための機材とスペースを提供する」スタイルです。

 したがって、スキャン品質やOCRの有無も自分で自由に
 決めることができます。

 マニュアルにおすすめの設定など書かれていますが、自炊する人は
 自分の好みにあわせて決めていけばいいかと。

 ちなみにノートPCにはAdobe Acrobatがインストールされています。

 ScanSnapでスキャンと同時にOCRするも良し。
 PDF化した後にAcrobatでOCR化するも良し。
 
 書籍の内容によってはOCR化に時間がかかるため、1冊150円で
 提供されているOCRサービスを選択することをオススメします。

細かいサービスがうれしい

 自炊した電子書籍は、USBメモリ等にコピーして持ち帰ります。

 USBメモリが無い人には店内で販売もしているようです。

 また、DropBox経由でファイルを受け取ることも可能です。

 僕がお店に行ったのは夜の20時ごろ。

 営業時間中にOCR化が終わるかどうか微妙だったので、完成次第
 DropBoxで転送してもらうよう依頼して一旦帰宅しました。

 翌営業日の受け取りになるかと思いきや、当日の深夜0ごろに
 完了&DropBoxのURLが書かれたメールが店舗から届きました。

 ある意味、こんな個人経営的な気配りがうれしかったりします。

こんな人におすすめ

 DSC00282

 細かい有料サービスはありますが、基本は15分/200円という料金体系。

 「少量の本を自炊したい」や「まとめてではなく都度自炊したい」という
 人にはオススメできるお店です。

 自宅で本格的に自炊したいと思っている人も、まずはこちらで
 試してみるといいと思います。

 実際、自宅に断裁機とScanSnapを置くとけっこう場所を取るんですよね。

 「購入した場合」と「レンタルスペースを利用した場合」。

 料金面だけでなく居住スペースの占有率など、トータル的なコストで
 比較すると、自分にあった自炊のスタイルが見つかると思うよ!。

 ちなみに店員さんはめっちゃいい人だった。
 

Googleアドセンス

Googleアドセンス

-ニュース

Copyright© 1-QLICK , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.