〜物欲エンジニアがデジタルガジェットのレビューを中心とした記事をお届けします〜

1-QLICK

ニュース

あの日から1年が経った

投稿日:

DSC00074

東北地方太平洋沖地震から1年が経ちました。

2011.3.11は金曜日、東京の職場にいました。

今までに体験したことのない揺れに激しく混乱したことを
ハッキリと覚えています。時間が経つにつれて東北地方をはじめとする広範囲の
被害状況がわかってきました。

その間も大きな余震が2、3度起こり、職場のビルも
天井の一部が剥がれ落ちるという状況。

今まで生きてきた中で、自分の中で「死」というものを
感じたのはあの日が初めてでした。

交通機関ものきなみストップ。

帰宅することを諦めて会社に残る人もいました。

当時の住まい&実家の状況も気になり、僕は徒歩で
帰ることにしました。

職場のある目黒から足立区まで約20km。

夕方の6時に会社を出発し、家に到着したのが
深夜0時ごろでした。

会社から家までの道中は、同じように徒歩で帰る人で大混雑。

微妙に傾いているように見える東京タワー。

普段であればジョギングする人で賑わっている皇居周辺の
周回コースも人で溢れていました。

住まい&実家の被害がほとんどなかったことは幸いでした。
 
 
 
あの出来事から1年後の今日まで、僕の生活は表面上
なにも変わっていません。

ただ、「死」というものを感じたあの日から
自分の中で何かが変わってきたのを感じます。

ことあるごとに頭に思い浮かぶのはジョブズのあのスピーチ。

今日が人生最後の日だったら、今日やろうとしていることをやりたいと思うか?

仕事面でいえば、1年前と変わらないことをやりつづけている。

やりたいことだからなのか、踏ん切りがついていないだけなのか。

まだちゃんとした答えは出ていない自分が情けなくも思えてくる。

もし今日が自分の人生最後の日だとしたら - GIGAZINE

 

Googleアドセンス

Googleアドセンス

-ニュース

Copyright© 1-QLICK , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.