〜物欲エンジニアがデジタルガジェットのレビューを中心とした記事をお届けします〜

1-QLICK

書籍

本を読んだ「プロフェッショナルセールスマン 「伝説と営業」と呼ばれた男の壮絶顧客志向」

投稿日:

プロフェッショナルセールスマン ― 「伝説の営業」と呼ばれた男の壮絶顧客志向
プロフェッショナルセールスマン ― 「伝説の営業」と呼ばれた男の壮絶顧客志向 神谷 竜太

プレジデント社 2011-05-18
売り上げランキング : 852

Amazonで詳しく見る by G-Tools

伝説の営業マンと呼ばれる人はどの業界にもいるかと思います。

本書は、プルデンシャル生命のトップセールスであった甲州賢さん(故人)が、
いかに伝説と呼ばれるまでになったか?。
数々のエピソードとともにその生きかたを紹介した内容です。

「セールスパーソンは、自らの仕事をいかに創造的なものにできるのか?」
「プロというのは、なにを与え、なにを得る人たちのことを指すのか?」
「人間には、どこまでの可能性が潜在しているのか?」
帯に書かれたこれらの言葉が誇張された表現でないことは、読み進めていけばわかります。

一貫したテーマは「真の顧客志向とは」。
 ・翌朝にアポをとった顧客のために、大阪からタクシーで東京に帰る
 ・ジーンズメーカーの社長と打ち解けるため、似合わないジーンズをはいて訪問する
一見すると「泥臭い」と思ってしまいがちな行動が、人の気持ちを震わせるのだと思います。

自分のためにどれだけがんばってくれたか、そんなところに人は惹かれていくものかと。

この手の書籍でよく言われるのが「属人化された内容のため、参考にはならない」。
本書に限っていえば、かなり具体的なエピソードを元に構成されているため、
再現性は高いと感じました。

ただし、どこまで甲州さんと同じようにやりきれるかは、本人の決意(覚悟)の問題であり、
それを理由に本書が否定されることはないと思います。

「お客さんを喜ばせたい」という熱い気持ち。難病にかかりながらも
常に前向きでありつづけた甲州さんの生きかたは、見習うべきものが
沢山ありました。

自分の生きかたを考える意味でも、多くの人に読んでいただきたいと思える書籍でした。

Googleアドセンス

Googleアドセンス

-書籍

Copyright© 1-QLICK , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.