〜物欲エンジニアがデジタルガジェットのレビューを中心とした記事をお届けします〜

1-QLICK

ランニング

2014年は10.3倍、東京マラソン2007〜2014の一般抽選倍率

投稿日:

東京マラソン2014の一般募集が2013年8月31日(土)に締め切られました。

今回の申込総数(フルマラソン・10km)は約30万3千人。

フルマラソンの申込人数は302,442人、抽選倍率は約10.3倍となり、前回2012年と同レベルの高倍率となりました。

気になる抽選結果は約3週間後の9月26日(木)に発表。申込者全員にメールで通知される予定です。

東京マラソンは2007年から開催されていますが、申込者数の増加にともなって抽選倍率も年々厳しくなっています。

2007年から2014年までの抽選倍率の推移をまとめてみました。

一般抽選でも10年に1回は当選できる!

2007年が第1回目となる東京マラソン。今回の東京マラソン2014は第8回目となります。

昨今のマラソンブームも手伝ってか応募者も年々増加。しかし、定員枠は(第3回目以降は)増えることがないため、当選するのが難しいマラソンレースの1つとなっています。

東京マラソンの一般募集の定員・申込者数・倍率を開催年別にまとめたのが以下の表です。

開催数 開催年 定員 申込者数 倍率
第1回 2007年 25,000人 77,521人 3.1倍
第2回 2008年 25,000人 130,062人 5.2倍
第3回 2009年 30,000人 226,378人 7.5倍
第4回 2010年 32,000人 272,134人 8.5倍
第5回 2011年 32,000人 294,469人 9.2倍
第6回 2012年 29,400人 282,824人 9.6倍
第7回 2013年 29,400人 303,450人 10.3倍
第8回 2014年 29,400人 302,442人 10.3倍

2012年から定員が29,400人に減っています。これは、この年から新設されたチャリティランナー(3000人枠)と先行エントリー(3000人枠)を表の「定員」から除外しているためです。

第1回(2007年)と第2回(2008年)の倍率はそれぞれ3.1倍と5.2倍、当選が期待できる現実的な数値です。が、それ以降は少しずつ高倍率化が進み、ここ2年間に至っては10倍超という、当選がかなり難しいレースとなってしまいました。

申込者数と抽選倍率をグラフにしたのが以下の図です。

Tokyo marathon 2014 graph

グラフを見る限り「申込者数は約30万、倍率は10倍前後でいったんは落ち着いたかな」という印象です。この水準が今後も続くと仮定するならば10年に1回は当選!という仮定もなりたちますね。宝くじじゃないけど、応募し続けることが大事なのです。

ちなみに僕が東京マラソンに当選したのは2010年の1回きり。以降、2011年~2013年までは落選という結果。確率を考えると、このまま応募し続ければ2020年までの東京マラソンには当選できる?!。

東京のど真ん中を走ることができるレースだけに人気となるのも致し方ないところ。いつかこのブログで当選発表できることを期待しつつ、抽選結果の発表を待ちたいと思います。

Googleアドセンス

Googleアドセンス

-ランニング
-,

Copyright© 1-QLICK , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.