〜物欲エンジニアがデジタルガジェットのレビューを中心とした記事をお届けします〜

1-QLICK

Amazon おすすめ商品 レビュー

振って振って充電だ!モバイルバッテリーANKER Astro3レビュー

投稿日:

ANKERのモバイルバッテリー「Astro 3」を購入しました。

以前のブログ記事USBポート×3搭載、ANKERから第2世代モバイルバッテリーAstro3が登場 | 1-QLICKでも簡単に紹介しましたが、USBポートを3つ搭載振って充電 などなど、珍しいギミックが満載のモバイルバッテリーでした。

製品仕様

製品の仕様は以下のとおり。

[容量] 12000mAh
[出力電圧] 合計4A
[出力ポート] USB x 3
[サイズ] 11.1 x 8.3 x 2.6cm
[重さ] 約300g
[繰り返し使用回数] 500回以上
[保証期間] 18ヶ月(日本語専用サポート窓口あり)

USB×3つのポート合計で最大4A(世界最高レベル)のハイパワー出力、バッテリー本体を振ることで充電を開始するなど、今までのモバイルバッテリーにはない特徴を持った製品です。

開封の儀

製品パッケージはエコに配慮したダンボール製。
Anker astro3 1

「バッテリーを軽く振って充電します」の注意書きw。
Anker astro3 2

内容物はバッテリー本体、ケース、USBケーブル、コネクタ×1。
Anker astro3 3

バッテリー本体は表面がラバーコーディングされており、触り心地がいいです。
Anker astro3 4

バッテリー本体の背面。なんの表記もありません。
Anker astro3 5

バッテリー側面には中央部がスリットで凹んだ形状となっています。
Anker astro3 6

充電用のUSBポートを3つ搭載。Smartsポートは最大2.4Aの大容量。3ポート合計で4A。モバイルバッテリーで最近流行りのLEDフラッシュライトですが、この製品には搭載されていません。
Anker astro3 7

本体を軽く振ることで表面に円状のランプが点灯し充電を開始。円の欠け具合でバッテリー残量を確認することができます。
Anker astro3 8

iPhone5とのサイズを比較。全長はiPhone5より短く、その分、幅広というずんぐりむっくりの形状。
Anker astro3 9

Anker astro3 11

振って充電するギミックを検証

Astro M3のアピールポイントの1つである振って充電を開始というギミック。

実際にどの程度の力が必要か検証しました。

まずはこちらの動画をご覧ください。

ANKER Astro 3のバッテリーを振ってみた

いかかでしょうか。思ったより強い力で振り回していることがわかると思いますw。

結論から言うと、バッテリーを持つ場所や角度によって必要な力が変わってくるようです。

動画ではうまくいきませんでしたが、コツさえつかめば比較的軽い力でも充電を開始することができると思います。

モバイルバッテリーはバッグやリュックに入れて持ち運ぶケースが多いと思うので、逆にあまりに軽い力で充電が開始されてしまうと、不用な放電を繰り返し結果的にバッテリー残量が減ってしまうということも考えられます。

「ある程度の力を持って振ることで充電が開始」というほうが個人的には好ましいですね。

iPhone5を充電時の円マークが点滅する様子も動画を撮ったので参考まで↓↓↓。

充電中の円マーク点滅

話しのタネになるモバイルバッテリー

従来のモバイルバッテリーより、エネルギー効率を約10%高めたこの製品。

同じ容量の表記でも、本製品の方が約1回スマートフォンに多く充電できる計算になりますが、この辺りを重要視する人は少ないんじゃないかな。

逆に、このクラスのモバイルバッテリーとして、USBポートを3つ搭載している点はアピールポイントの1つ。

3つのポートを同時に利用するシチュエーションはあまりないかもしれませんが、緊急時にはうれしい装備であることに変わりはありません。

僕の場合、出先でiPad mini、iPhone 5、Bluetoothイヤフォンに同時充電 なんてケースが考えられます。

外出先でバッテリーを振る姿は若干あやしい気もしますが、、、w。

話しのタネになる、面白いモバイルバッテリーだと思います(^-^)。

Googleアドセンス

Googleアドセンス

-Amazon, おすすめ商品, レビュー
-,

Copyright© 1-QLICK , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.